【2019年版】保育士派遣会社ランキングの口コミ評判を比較|大手人気おすすめ人材紹介会社はどれだ

「派遣保育士として働きたい・・・でも、どこの派遣会社を選んで良いか分からない」

そう悩んでいませんか?

どの派遣会社を選ぶかによって、今後のあなたの生活は大きく変わります。

というのも、

・時給などの労働条件

・求人の質

・自分の希望の働きかたができるかどうか

・・・これらは派遣会社によって左右されます。

これから保育士派遣で働く人のために、派遣保育士でおすすめの派遣会社をランキング化しました。

 

保育士は大手派遣会社に登録して働くのがおすすめ

メリット  デメリット
 派遣 高時給
サービス残業なし
時短・週1〜が可能
紹介予定派遣で職場をじっくり選べる
持ち帰りなし
ボーナスなし
担任を持てない
雇用期間がある
 正社員 雇用が安定している
ボーナスが出る
サービス残業あり
持ち帰りあり
責任が重い
 パート 雇用期間の縛りなし サービス残業あり
持ち帰りあり

今現在、派遣登録して働く保育士がかなり増えています。

というのも、高時給でサービス残業がないなどメリットが多いからです。

派遣会社は現地に行かなくても本社サイトから簡単に登録ができるのも魅力の一つですね。

 

大手派遣会社のランキング化の比較基準

当記事で保育士派遣会社をランキング化するにあたり、いくつかの基準を設けました。

ランキング化の基準は次の通りです。

  • 高時給
  • 交渉力があるか
  • 口コミ・評判は高いか
上位に位置するほど、この基準が満たされています。

 

大手派遣会社のランキング化基準

大手派遣会社のランキング化の比較基準1:高時給であるか

保育士派遣会社によって時給は大きく異なります。

同じ地域でも時給が1000円しかでない会社もあれば、1500円でるところもあります。

高時給でしっかり稼ぎたいなら、大手で高時給で働ける保育士派遣会社を選ぶべきです。

 

大手派遣会社のランキング化の比較基準2:交渉力があるか

保育士派遣の良いところは、時給や勤務時間、勤務日数などを企業側に交渉してくれることです。

交渉してもらうことで自分の理想にあった働き方を叶えることができます。

大手の保育士派遣会社ほど交渉力が高い傾向にあります。

 

大手派遣会社のランキング化の比較基準3:口コミ・評判は高いか

口コミ・評判が高い=派遣保育士の満足度につながります。

当記事でランキング化するにあたってネットや実際に利用した人の体験談を参考にしました。

保育士派遣会社ランキングの口コミ評判を比較|人気おすすめ人材紹介会社はどれだ

1位 保育情報どっとこむ

保育士バンクの最大の特徴は求人の質の良さ

一般公開すると応募が殺到するため、登録者しか知れない高待遇の非公開求人が多くあります。

保育士バンクを利用することで、高時給や短時間勤務といった自分の思い描く理想の求人に出会うことができます。

また元保育士のコンサルタントが多数おり、保育士特有の不安や悩みをわかった上で就業相談に乗ってくれます。

どの派遣会社にしようか迷ったら、ここを選んでおけばまず間違いありません。

高時給でたくさんの時間を稼げてなおかつ自分の好きな時間や曜日に働ける、そんな生活を手に入れましょう。

2位 保育士ひろば

保育士ひろばは求人数が多いのが特徴の保育士派遣会社です。

1位の保育士情報どっとこむと併用することで、より自分の理想の求人に出会うことができます。

特に関東の求人が豊富なので、該当するならぜひ保育士情報どっとこむと併用するべき。

保育士ひろばでは内定時にお祝い金をもらえる制度があり、就業すれば最大2万円もらうことができます。

 

3位 保育士バンク

保育情報バンクの求人は全国対応で保育園や幼稚園をはじめ様々な施設の求人が揃っています。

派遣はもちろんパートの求人も多くあるので、上位2サイトと併用して登録しておけば選択肢を殖やせるでしょう。

4位以降の保育士派遣会社を見る

保育士派遣会社ランキング4位 保育士Aid

転職コンサルタントの評判が良く、安心して転職活動できるのが保育士Aid。

非公開求人もあり、就業活動を有利に進めたいなら上位サイトと併用して利用しておきたい派遣会社です。

 

保育士派遣会社ランキング5位 保育士求人JobMedley

保育士求人JobMedleyの特徴は求人数の多さ。

保育士求人JobMedleyは転職サポートこそありませんが、その分求人数が多く揃っています。

ネット上で自分で求人を探すので自分のペースで探せるのもメリットですね。

ただ非公開求人を紹介してもらえないという面で上位サイトよりおすすめできません。

ただ求人をできるだけ多く知りたいという方は上位サイトと併用して利用するのがおすすめです。

 

人気大手のおすすめ保育士派遣会社の口コミ評判を比較

 1位 保育情報どっとこむ 2位 保育士ひろば 3位 保育士バンク
 特徴  ・非公開求人多数
・交渉力が高い
・派遣企業大手「アスカグループ」
 ・求人数が多い
・関東の求人に強い
・非公開求人あり
 ・全国対応
・様々な施設の求人あり
 オススメ  ★★★★★  ★★★★  ★★★
 公式サイト →公式サイト →公式サイト

一番おすすめなのはやはり保育士情報どっとこむ

高時給なのはもちろん、週3・短時間・土日休みなど自分の理想の生活をもっとも叶えやすい派遣会社です。

しかも派遣業務に20年携わるアスカグループが運営しているので安心して利用できます。

 

また保育士情報どっとこむと合わせて保育士ひろばも併用するのがおすすめ。

この2つの派遣会社に登録しておくことで求人の取りこぼしをかなり防ぐことができます。

選択肢を増やし有利に就業活動を進めるためにも。最低でもこの2つの派遣会社は登録しておきましょう。

保育士派遣が評判が高い人気の理由|メリットが多い

保育士派遣が評判が高い人気の理由1:時給相場の金額が高い!

保育士派遣が人気で評判が高い理由、それは高時給であることです。

保育士派遣の時給相場は1000〜1500円。
都内の高待遇求人だと1600〜2000円の高給料な求人もあります。

パートの場合はせいぜい1000円程度の金額しかもらえません。

また正社員の場合はボーナスがありますが、それでも派遣の方が月給・年収が高いことも珍しくありません。

 

保育士派遣が評判が高い人気の理由2:サービス残業・持ち帰りなし

保育士派遣は正社員と違ってサービス残業や持ち帰りがありません。

正社員の場合は毎日2〜3時間のサービス残業があるのも珍しくありません。

行事近くになると派遣保育士が残業することもあるかもしれません。
ですが、その場合はきっちり時間給の25%の残業手当がつきます。

 

保育士派遣なら持ち帰りの書類作成がないから人気

正社員はもちろん、パートでも持ち帰りの書類作業をしなければいけないことが多いです。

しかし、派遣の場合は持ち帰りで仕事をするのは禁止されています。

仕事とプライベートをはっきり分けることができるのも派遣保育士が人気の理由です。

 

保育士派遣が評判が高い人気の理由3:ライフスタイルにあった働き方ができる

主婦や兼業している人は派遣という働き方がぴったりです。

なぜなら自分のライフスタイルに合わせて勤務時間や勤務日数を選べるからです。

・・・ただし、これはあくまで交渉力のある大手派遣会社に登録することが前提となるので注意してください。

 

短時間で働ける!時短で働けて子持ちも安心

希望の勤務時間を大手派遣会社に伝えることにより、時短で働くことが可能です。

短時間での勤務なら家事や育児と仕事を両立した生活を送ることができます。

子持ちの主婦も時短で働ければ落ち着いた生活を送ることができますね。

 

週3・土日休み・扶養内など理想の働き方ができる

時短同様に、週3や土日休み、扶養内といった働き方ができるのも保育士派遣の人気の一つです。

 

短期間・単発(1日)で働ける

夫の転勤が多い人にとってありがたいのが保育士派遣の短期間勤務。

保育士派遣なら数ヶ月〜1年といった短期間でも十分に求人があります。

中には1年のうちに働く期間と世界中を旅行する期間を分けている保育士もいます。

また、単発(1日)求人もあります。

単発なら、例えばこずかいが欲しい時に、気軽に仕事を入れることができます。

これも保育士派遣が人気評判の理由の一つです。

 

保育士派遣は掛け持ち・副業にもぴったり

保育士以外にも他の仕事もしてみたい人や、副業に力を入れたい人にも保育士派遣は人気です。

 

保育士派遣が評判が高い人気の理由3:紹介派遣で職場を選びながら正社員(直接雇用)になれる

自由な働き方ができる保育士派遣ですが、それ以外にも人気の理由があります。

それが紹介予定派遣という制度です。

紹介予定派遣とは、正社員雇用を前提に一定期間(最長6か月)働き、その後正社員になるかどうか決めれる制度です。

この制度があればじっくり直接雇用として正社員になるかどうかを判断できます。

人間関係や残業の多さで悩んできた保育士にとっては、これ以上におすすめの職場の選び方はありません。

これも保育士派遣の魅力の一つです。

 

保育士派遣が評判が高い人気の理由4:無資格でも働ける

保育士派遣が人気の理由の一つとして無資格で働けることです。

多くの保育所では、資格がないと働くことができません。

しかし派遣会社に登録することにより、無資格でも働ける求人を多く紹介してもらえます。

無資格でも実務経験を積むことによって保育士試験の受験資格を得ることができます。

また、派遣保育士は残業がほぼなので試験勉強にも時間を当てられます。

今は無資格だけどこれから保育士を目指したい人にとっては、かなりおすすめの働き方と言えますね。

保育士派遣の疑問を解決!デメリットはないの?

 

保育士派遣とパートの違いは?

「派遣とパートって何が違うの?」

そう思う人も多いはず。

派遣とパートの違いは「企業と派遣会社のどちらと契約しているか?」です。

パートの場合は直接雇用です。

そのため、派遣よりもスタッフとの身内感が強いかもしれません。

また雇用期間が定められていないので、自分が希望する限りいつまでも働くことができます。

その代わり直接雇用なので、正社員と同じくサービス残業や持ち帰りの仕事をする必要が出てきます。

 

では派遣はというと、そのようなことはありません。

なぜならサービス残業や持ち帰りというのは、本来は「違法」であるからです。

派遣保育士の場合、派遣会社がそういった違法から守ってくれるため、サービス残業や持ち帰りがありません。

また直接雇用のパートと違って派遣会社があいだに入ってくれてるので、言いづらい勤務条件なども派遣会社が交渉してくれるのです。

パートの人が次々と派遣に切り替えているのはこのような理由があります。

 

保育士派遣の人間関係の悩みはどう?

これから働く人にとって保育士派遣の人間関係は気になるところ。

ですがこれは不安になる必要はありません。

その理由として、そこで働くスタッフにとって派遣社員はいてくれなきゃならない存在だからです。

派遣される職場は基本的に人手が足りていません。
その状態でもし派遣保育士が辞められたら・・・困りますよね。

正社員さんたちは派遣スタッフを頼ってくれる場面が多いです。

後ほど保育士派遣で実際に働いた人の体験談も紹介しますが、働く前から人間関係について不安になる必要はありませんよ。

 

保育士派遣に年齢制限はある?

保育士派遣に年齢制限はほぼありません。

派遣を求めている職場はどこも人手不足で困っています。

また、年齢が高い方が保育士の現場では活躍できる場面が多いです。

子供を預けている保護者も、人生経験が豊富な保育士の方が安心して預けることができるという声がかなり多いです。
育児経験があればなおさらですね。

なので保育士派遣は40代〜50代でも十分に活躍できます。

 

保育士派遣って実際どうなの?現状の感想を紹介

9〜17時勤務で時給は1150円

公立保育園で2か月間の期間限定(9時-17時)の派遣をしていました。

以前は別の地域の公立保育園で2年ほど保育士をしていました。

派遣の私は交通費別途支給で時給1150円でした。

その保育園には朝だけのパートさん(広報を見て応募)がいて、その方は交通費の支給無く、時給1000円いかないそうです。

クラス担任をしていたころは複数担任で「リーダー」「サブ」「フリー」と週替わりで役割を交代でしていましたが、朝のパートさんも私のような派遣保育士もやることは保育士のフリー業務またはフリーのアシスタントです。

引用:発言小町

保育士といえば朝早くに出勤して夜遅くまでサービス残業が当たり前ですが、この方は9〜17時までの勤務だそうです。

仕事とプライベートを分けれる働き方で良いですね!

 

派遣保育士で仕事と家事・育児を両立

契約書通りの内容で働けて、時間もきっちりしていて非常に働きやすいです。
契約を更新する際も働きやすい時間帯や仕事内容の相談・調整をして頂けるので、現在も仕事終わりにスーパーに寄ったり、しっかり家事と仕事の両立がバランスよく出来ています。

正社員だった時と比べると、持ち帰りや残業があってなかなか仕事と家事の切り替えが難しかったですが、派遣保育士であれば家に帰ったら家事と育児に専念出来てます。

引用:https://www.hoikujyouhou.com/life2/post-detail.html?n=124

保育士派遣が評判が高く人気の理由は、持ち帰りやサービス残業がないことです。

仕事の時間がきっぱり決まっているので、仕事とプライベートを両立することができます。

子育てのあるママ保育士さんには特におすすめの働き方と言えますね。

 

大手派遣会社なら保育士派遣の福利厚生もバッチリ!

派遣というと直接雇用されてないので不安定なイメージがあります。

ですが実際はそんなことはありません。

どの職場も人手不足なので仕事はなくなることはありません。

そして大手派遣会社は福利厚生をしっかり整えてくれています。

 

保育士派遣会社の育休・産休

大手保育派遣会社には育休制度がしっかり整っています。

一例では1年間スタッフとして働いた場合で、育休終了後にまた働く意欲のある方は、育休を利用できます。

この辺りの条件は各派遣会社に異なりますが、大手派遣会社はどこも育休を使えるので安心して良いでしょう。

 

大手派遣会社なら妊娠しても大丈夫

大手派遣会社なら産休・育休がしっかりと整っています。

なのでもし将来妊娠する可能性があっても不安なく働くことができます。

 

保育士派遣会社の有給(有休)

派遣スタッフは正社員同様に有給(有休)を使う権利があります。しかし派遣会社によっては有休を使わせてくれないところも意外と多くあります。

その点、大手派遣会社はそういった心配はありません。

当記事の上位派遣会社は有休を使うことができるはずです。

 

保育士派遣会社の交通費

交通費は各派遣会社によって規定が異なります。

交通費が出る場合もあればでない場合もあります。

しかし、大手の派遣会社は交通費が支給される傾向にあります。

 

保育士派遣会社の社会保険

派遣会社は原則社会保険を負担する決まりがあります。

しかし、派遣会社によっては社会保険を負担してないところも多くあります。

社会保険に入れてくれない派遣会社。

二ヶ月超の仕事で、派遣で働いていますが。法律上、社会保険には、入れるのですが、派遣会社が、面倒とか言って、雇用保険、労災しか、入れてくれません。

どこか、訴えたら、入れてくれるのでしょうか?

引用:ヤフー知恵袋

このようなことが珍しくないので、派遣会社を利用するなら必ず大手派遣会社を選ぶべきです。

 

大手派遣会社の社会保険:厚生年金

年金を受け取るために整備されている社会保険です。

派遣で働く場合も将来年金を受け取れるので安心ですね。

 

大手派遣会社の社会保険:健康保険

病院で治療を受ける際に3割の治療費しか払わなくて良い社会保険です。

何かあったときのためにも健康保険は入っておきたい社会保険です。

 

大手派遣会社の社会保険:労災保険

仕事中に怪我をしたときなどに支払われる社会保険です。

大手派遣会社は必ず労災保険が整っているので安心して働けます。

 

保育士派遣の仕事内容

保育士派遣の仕事内容は、保育補助や雑務が中心です。

子供たちの見守りや一緒に遊んであげるなどの保育補助、また掃除をするのが派遣保育士の仕事内容となります。

子供と関わることができ、なおかつ責任のある仕事をする必要がないことも、派遣保育士が人気の理由の一つです。

 

保育士派遣の仕事内容は担任を持たない

保育士派遣は基本的にクラスの担任を持ちません。

正社員がクラスの担任を担い、派遣保育士はその補助をするのが仕事内容です。

なので正社員と違ってサービス残業がなく、責任感を感じることも少ないでしょう。

 

保育士派遣の期間や派遣先について

保育士派遣の派遣先は様々あります。

保育園や幼稚園はもちろん、イベント会場の一時保育といった派遣先もあります。

 

保育士派遣の期間は長期・短期・日雇い(1日)

派遣の期間:長期

保育士派遣の期間は長期・短期・日雇い(1日)の3つです。

長期を希望すれば契約している限り、派遣先で長く勤めることができます。

ただ、派遣は最長3年と決められているので、それ以上の期間は派遣として働くことはできません。

 

派遣の期間:短期

保育士派遣では数ヶ月といった短期間での勤務もあります。

近いうちに引越しをする場合など長期で働けない事情がある場合も、この短期勤務でしっかりお金を稼ぐことができます。

 

派遣の期間:単発(1日)

モデルルームなどのイベント会場や正社員の有休時の代打的な役割として働くのが単発の仕事です。

単発の仕事なら、本業をしながら予定が合えば休みの日にお金を稼ぐことができます。

 

保育士派遣の派遣先

公立保育園

公立保育園は人気派遣先の一つ。
他の求人に比べて高時給で働ける傾向にあります。

 

企業内保育(託児所)

企業が運営している託児所も派遣先の一つです。

企業内保育は子供の人数が他施設に比べて少ないので、仕事量も多くありません。

正社員の方もストレスなく働いていることが多いので、派遣スタッフも働きやすいでしょう。

 

幼稚園

幼稚園にも派遣先で選ぶことができます。

幼稚園は派遣スタッフが多い傾向にあるので働きやすいかもしれません。

 

英語保育士の求人

英語が得意なら英語保育士として働くのも手です。

英語が話せる保育士は希少価値が高いので、その分時給も高くなる傾向にあります。

 

モデルルームなどのイベント会場や結婚式など

モデルルームなどのイベント会場をはじめ、セミナー講座や同窓会などでも派遣保育士は需要があります。

イベント会場などの場合は基本的に単発の仕事となります。

また結婚式に参加する方の子供を預かるウエディングベビーシッターも派遣先の一つです。

 

派遣保育士になる流れ

  1. 派遣会社に登録
  2. 派遣先の紹介
  3. 見学・顔合わせ・面接
  4. 勤務開始

 

1 派遣会社に登録

まずは登録する派遣会社を選び登録します。

派遣会社選びは今後の生活を大きく左右します。

当記事では時給や交渉力が高く福利厚生が整っている大手派遣会社を紹介しているので、ぜひ活用をお勧めします。

 

2 派遣先の紹介

自分の希望の時間や勤務地、労働条件などを派遣会社のスタッフに伝えます。

派遣会社のスタッフはあなたの希望にあった職場を紹介してくれます。

 

3 見学・顔合わせ・面接

興味のある派遣先を見つけたら次は見学です。

そこで顔合わせや面接を行う場合もあります。

 

4 派遣保育士として就業開始

見学後、ここで働きたいと思ったらいよいよ就業開始です。

大手派遣会社なら就業後も悩みのヒアリング手厚いサポートを受けることができます。

 

【まとめ】保育士派遣会社ランキングの口コミ評判を比較|大手人気おすすめ人材紹介会社はどれだ

派遣で良い思いをしている保育士もいれば、大変な思いをしている保育士もいます。

かたや時給1500円で稼いでいる派遣保育士もいれば、時給900円であまり稼げてない保育士も多くいます。

保育士派遣で働く上でもっとも大事なのが派遣会社選びなのです。

ちなみに高待遇の求人は人気なので早めになくなります。

「もっと早く登録しておけばこの求人に応募できたのに・・・」と後悔しないためにも、早めに登録をしておきましょう。