園長に嫌われている保育士の対処法|方針が合わない・いじめ・パワハラで嫌いなあなたへ 園長先生に嫌われていると感じたことありませんか?

園長先生に嫌われていると感じたことありませんか?

保育園にいる中で園長先生はとても目上の先生になるので、良好な関係を築いておきたいものですが、なかなか思うようにいかないことも多いです。

「仲良く」とまでは言いませんがある程度、話しやすい関係で居た方が仕事はしやすいはず。

ただ、人同士なので合う合わないがあります。

園長先生との関係に悩んでいる方、どうしたらいいのか一緒に考えていきましょう。

 

園長に嫌われている保育士が多い

実は、園長先生に嫌われている保育士は多いのです。

というのも、園長先生はある程度の保育経験があり、仕事ができた方なので園長先生になれたのだと予想できます。

そのため、初心を忘れている方が多く、仕事で失敗している保育士や仕事ができない保育士の気持ちに寄り添う気持ちがないのでしょう…。

しかし、保育をする中で「園長先生に怒られるかな?」と考えながら保育をするのは楽しくありません。

子供のためにも保育士が楽しく保育をすることが大切なのです。

ただ、園長先生の態度次第では転職を考えるのも1つの手。

園長先生に嫌われているだけではなく、自分も嫌いだと感じるのであれば他の職場を見てみてもいいかもしれません。

 

もう嫌い!園長からのいじめ・パワハラの悩み

園長からのいじめやパワハラはなかなか終わることはありません。

公立保育園であれば移動などで園長が変わり、イジメやパワハラが解決することもあるでしょう。

しかし、私立の場合は公立に比べて狭い世界になりますので、なかなかいじめやパワハラがなくなることはありません。

園長からのいじめの対処法として公立なのか?私立なのか?で大きく変わってきます。

公立で働いている場合は、例年の園長先生の移動年数を予想してみて、あなたが我慢できるようであれば、もう少し頑張ってみてもいいかもしれません。

公立は私立に比べて移動していく希望はありますが、どうしてもパワハラなどに耐えられないのであれば、無理することはないですよ。

そして、私立の場合は園長先生が変わることに期待をする方が難しいことです。

いっそのこと、転職を考えてみてはどうでしょうか?

 

園長と方針が合わないと保育士は大変

園長先生とトラブルになるきっかけで多いのは、保育方針が合わないことです。

保育方針が合わないと保育内容も変わってくるために、分かり合えません。

例えば、園長先生が教育的なタイプの場合、「遊びを通して関わり方を覚えさせたい」という保育士とは合わないでしょう。

保育は答えがないことがメリットにもデメリットにもなります。

今回の様な場合はデメリットとなり、園長先生との関係性が悪くなるのです。

園長先生との関係性が悪いと、思うような保育ができずに、保育士も楽しく過ごすことができません。

保育士は子供の成長する姿が楽しみなのに、思っている保育ができないことにストレスを感じることになります。

園長先生との保育士の保育方針が合わない場合、どのような園長先生が多いのでしょうか?

 

園長のワンマンで大変な保育士

園長先生がワンマンだと、保育士の大変さや気づきをわかってくれません。

園長先生よりも保育士の方が子供と接しているために、子供にとってどのような保育が必要なのか分かっているのも保育士です。

しかし、ワンマン園長先生は自分の保育方針が強く、現場の保育士の話を聞き柔軟に対応してくれないことが多いでしょう。

保育士の意見を聞けない園長は良い園長とは言えません。

子供のことを一緒に考え、成長を促していけるような園長先生と保育士が理想の関係性です。

あまりにも合わない場合は、保育園を変えるなどの選択肢を広げるのも一つの手になります。

 

保育士で園長に嫌われているあなたが知るべき対処法

園長先生と合わない場合、すぐに「退職をする」という決断をすることは難しいでしょう。

そんな時に試してほしい方法は「園長先生の話を聞く」ということです。

園長先生と保育方針が合わなかったり、相性が合わない場合は、自然と分かりあうことは難しくなります。

そのため、自分の意見を伝える前に園長先生がどのような考えを持っているのか聞いてみましょう。

例えば、運動会でどのような曲目にしようか?どのような踊りにしようか?と考えるとします。

その時に、園長先生の考えを聞くのです。

この場合は、運動会の曲、踊りは振りをそろえたかっこいいものが好みなのか、子供らしい可愛らしいものが好みなのかを聞きます。

そうすると、ある程度の園長先生の好みが分かるはずです。

そこから園長先生の好みを考えた上で自分らしい保育をするにはどうしたらいいのか?考えてみて下さい。

そうすることで、園長先生に最終的な相談をする時に「前回、園長先生が○○とおっしゃっていたので、取り入れてみました。」と前置きを付けて話すことができます。

こうすることで、園長先生も自分が言ったことを曲げることは出来ないので、スムーズに相談を終えることができる可能性が高いですよ。

このように、園長先生との会話を大切にしながら、保育を行うと少しずつ園長先生と自分の保育のちょうどいい部分を見つけることができる可能性があります。

 

自ら園長になるのも一つの手

園長先生との相性が合わない時は、いっそのことあなたが園長先生になってみませんか?

園長先生に悩まされてきたあなただからこそ、保育士の気持ちがわかる素敵な園長先生になることができるはずです。

子供のことはもちろん、保育士の気持ちも考えた上で、保育士が楽しく働ける職場を作ってみましょう。

10年ほど保育士の経験があれば、ベテランといっても良い経験年数です。

ぜひ、園長先生へキャリアアップすることを挑戦してもらいたい!

あなたなら、たくさんの保育士が、長く続けたいと思えるような保育環境を整えることができますよ。

 

転職サイトを使い他の職場に転職するのがおすすめ

転職サイトを利用することで、事前に保育園の雰囲気を知ることができます。

そのため、転職後に働きづらいと感じる方は圧倒的に少なくなるのです。

転職サイトで素敵だと感じるのは、保育園の雰囲気だけではなく、保護者との人間関係も知ることができるところになります。

保育士をしていて、園長先生との相性も大切ですが、保護者がどのような方なのかも気になるところです。

そんな保育士から見て、気になる部分をきちんと詳細してくれている転職サイトは転職するときに、活用してもらいたいサイトになります。

また、一人で就職活動をすることに不安を感じる方は、いろんな相談をすることもできるのでおすすめです。

転職を考えている方は、最後まできちんとサポートしてくれる転職サイトを利用してみて下さい。

 

園長に嫌われている時の保育士の対処法まとめ

園長先生に嫌われていると、職員室へ行くことも嫌になってしまいます。

そのため、園長先生と全く接しないで過ごすことは難しいです。

保育士の本来の仕事は、子供の成長を促すことになります。

そのような当たり前の仕事ができない様であれば、転職を考えるべきではないでしょうか?

保育は答えがないからこそ、あなたと同じ考えをしている園長先生もいるはずです。

転職への一歩を踏み出してみませんか?

転職先では、楽しく保育ができることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です