最悪!保育士の人間関係がストレスで疲れた時の改善策|めんどくさいと悩みを抱えるあなたへ

保育士の仕事は、子供や保護者、同僚など人と関わる仕事です。

それが楽しいと感じることもありますが、それ以上に大変で疲れが溜まることもあるでしょう。

人間関係は機械のように取扱説明書がないため、自分で行動して関係を築いていかないといけません。

正解が分からず、いい関係が築けないのであれば転職して、新しい職場で働くのも1つの方法ですよ。

保育士をしていて抱えることとなる悩みは、どんなものがあるのか改めて一緒に考えてみましょう。

 

保育士の人間関係が疲れた。ストレスを抱える3つの悩み

保育士の仕事の中で最も疲れる人間関係のストレスをご紹介します。

今回は保育士で人間関係に悩んでいる方に多い悩みをピックアップしました。

見ていくと、同僚や先輩保育士に対して悩んでいるのか、保護者などの人間関係に悩んでいるのかで悩みが違うことがわかるはずです。

 

【保育士の人間関係の悩み1】ベテラン保育士の陰口やいじめ

新人の保育士は、先輩保育士と仲を深めるために、時間がかかります。

保育士は女性が多いことから、仲のいい先輩保育士の輪に入っていくことに抵抗を感じる方は多いです。

というのも、女性は男性よりも絆が深い傾向があるために、仲間意識が強ければ強いほど新しく入って来た保育士を受け入れにくいと言われています。

そして、新人保育士は仕事をスムーズに行うことが出来ないため陰口やいじめの対象になってしまうのです。

男性のさっぱりした性格の新人保育士であれば、このような女性特有の関係性をめんどくさいと感じ、関わらないように仕事ができるのかもしれません。

しかし、女性や人間関係が気になる男性であれば、輪の中に入り仕事がしやすい環境を作りたいと思いますよね。

人間関係が良いと仕事のことも聞きやすいですし、ちょっとした悩みも相談しやすいです。

新人保育士として仕事がしにくく、相談がしにくい環境であれば新しい保育園に転職してみると、人間関係に悩まず仕事ができるかもしれませんよ。

 

新人保育士は特に人間関係に悩みやすい

新人保育士は新しい環境ということもあり、人間関係に悩みやすいです。

保育士は新人でも先輩保育士とほぼ同じ量の仕事をこなしているのに、保護者からは新人ということで信頼してもらえないこともあります。

仕事を頑張っていても、なかなか認められない環境にストレスが溜まりやすいのです。

新人保育士であれば慣れるまでに時間がかかり、保護者や子供などと信頼関係を築くまでにも時間がかかります。

このような新人保育士の大変さをわかってくれないような、保育園であれば転職することを考えてもいいでしょう。

 

【保育士の人間関係の悩み2】園長

園長先生との人間関係に悩んでいる方はとても多いです。

新人保育士からすると園長先生はとても目上の方になるために、なかなか話しかけづらいことでしょう。

周りを見れる素敵な園長先生なら、園長先生の方から話しかけてくれます。

私もいくつかの保育園で働きましたが、保育園によって園長先生の対応は全く違うことに驚きました。

そのくらい、園長先生の人柄次第で先生たちの雰囲気が変わるのです。

園長先生が話しかけづらいような方であれば、保育園を変える選択肢を作ってみてはどうですか?

そして、新しい保育園へ行く場合は園長先生の人柄をしっかり見るようにすると、人間関係に悩まずに働ける保育園を見つけることが出来るかもしれませんよ。

 

【保育士の人間関係の悩み3】保護者

十人十色というように、保護者にもいろんな方がいます。

ある程度の付き合いがあれば、信頼関係を築きやすいですが、新人保育士は保護者からの信頼を持たれにくいです。

というのも、新人保育士というだけで保育の経験が少ないことも分かりますし、年齢も保護者よりも下になることが多いからだと感じます。

また、モンスターペアレントと問題視されている保護者もいるクラスもあるでしょう。

テレビで見るようなモンスターペアレントの方はなかなかいませんが、それでも保育がしにくいと感じる保護者からの意見は多いです。

自分のやりたい保育と、保護者から求められる保育の違いにストレスを感じることもあります。

保育士としてある程度の経験があれば、うまく保護者と話し、解決していけます。

しかし、新人保育士にそれらを求めるのはレベルが高いです。

保護者との関係を築くのが苦手であれば、日々ちょっとした世間話をするようにしてみて下さい。

そうすることで、保護者がどんどん心を開いてくれるようになります。

心を開いてくれれば、段々と保育のしやすい環境を作ることが出来るのです。

ただ、すべての保護者が同じように心を開いてくれるわけではないので、どうしても合わない保護者が多いのであれば保育をする場所を変えてみるのもいいでしょう。

 

退職したいほどモンスターペアレントの人間関係が疲れる

保護者とトラブルになると、対処するのがとても大変になります。

保護者も大切な子供を預けているために、妥協してくれることも、意見を変えてくれる可能性も低いです。

そのような状況に疲れてしまうこともあるでしょう。

トラブルになってしまうと1年がとても長く感じ、仕事をしていることにストレスを感じてしまします。

何より、保護者とのトラブルをきっかけに好きだった子供に対しても、素直に「可愛い」と思えなくなってくるのです。

そうなってしまっては、せっかく保育の資格を取ったのにもったいないです。

保護者対応に疲れてしまったり、モンスターペアレントのような保護者がいる場合は、他の保育園へ移ることも考えてみましょう。

大変な保護者から離れることができると、また子供が可愛いと感じ、仕事が楽しくできるようになりますよ。

 

保育士の人間関係の悩みの改善策

保育士という仕事から人間関係の悩みは引き離すことができません。

そのため、職場を変えたとしても人間関係に不安を感じる方は多いでしょう。

しかし、こちら側の対応を変えることで、同僚や保護者の対応が変わってくる可能性も高いです。

今回は、保育士の人間関係をスムーズに築いていけるように、人間関係の悩みの改善点をご紹介します。

 

【保育士の人間関係の改善策1】

保育士の人間関係を改善するために最も必要なのは「積極性」です。

積極的に話しかけたり、ちょっとした世間話をすることで先輩保育士や保護者との距離が少しずつ近づくことができます。

ただ、人見知りの方は世間話をするのにも抵抗があるはずです。

そのような方は、分からないことを積極的に聞きましょう。

新人保育士は分からないことがたくさんありますし、ちょっと先輩保育士から助言をもらいたい時もあります。

そんな時に、一人で考え込むのではなく先輩に相談するようにしましょう。

そうすることで会話が増えますし、先輩との距離を縮めることができます。

また、保護者の場合は今日あった子供の様子を少しだけ伝えましょう。

保育園なのでお迎えの時間によって会える保護者と会えない保護者がいるため、毎日とは言いませんが、会えた時には子供の様子を伝えるように心がけておくといいですよ。

ちょっとした会話の積み重ねが人間関係を築いてくれます。

 

【保育士の人間関係の改善策2】

人間関係を築いていくことに大切な事2つめは「話し方」です。

話し方ははっきりと話すようにしてください。

同僚や保護者の方もモゴモゴ話す保育士にはいい印象を抱くことはありません。

反対にはっきりと笑顔で話している方には、悪い印象を抱くことはないですよね。

このように、相手がどう思うのか?を考えながら話してみるようにしましょう。

ただ、話し方を変えることが難しいと感じるのであれば、職場で尊敬できる先輩を一人探してください。

尊敬できる先輩ということは笑顔で、子どもにも保護者にも好かれる人間関係を良好に築いている先輩だということになります。

そんな先輩保育士の真似をしているとだんだん、あなたも変わる事ができるはずです。

 

保育士の人間関係が最悪で限界なら転職を

どうしても保育園の環境があなたに合わないのであれば、それ以上無理して働くことはありませんよ。

転職サイトを利用することでスムーズに転職先を見つけることができることを知っていますか?

保育園の退職を考えると退職以外にも新しい就職先もどうしたらいいのか分からなくなってくるはずです。

そんな時に転職サイトを利用することで、転職先の細かい情報を教えてくれたり、就職活動に対してのフォローをたくさんしてくれます。

一人で転職先を見つけると思うと不安も多いですが、一緒に探してくれる方がいると思うと安心して退職することができるはずですよ。

転職サイトの方に「人間関係が理由で退職した」と伝えることで、あなたに合った保育園を探してくれます。

転職のプロだからこそ安心して任せることが出来るので、退職も転職も不安になることはないでしょう。

 

【まとめ】保育士の人間関係がストレスで疲れた時の改善策|めんどくさいと悩みを抱えるあなたへ

人間関係で悩んでいる方に一言いうのであれば「ストレスをため込まない保育園もある」ということです。

保育園によって雰囲気が全く違いますので、新しい保育園へ行けば、人間関係に悩むことなく仕事ができる可能性もあります。

人間関係でトラブルになるとなかなか修正することが出来ないので、めんどくさいと感じたり、辛いと感じるなどマイナスの感情ばかりになることでしょう。

そのような状態で働くのはあなたにとっても良くないことです。

保育士という仕事は常に募集されているほど、人手不足の職業になります。

だからこそ転職先はたくさんあるので、安心して新しい保育園を探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です