新卒1年目で保育士を辞めたい!今すぐ!理由と年度途中で辞める改善策

「もう仕事なんてしたくない!」

保育士をしていると一度はみんな思うことではないでしょうか?

保育士は客観的に見る仕事内容と、実際に仕事をしてみてわかる仕事内容に大きな差があります。

子供に親に書類に製作など…。やらないといけないことがたくさんあるのです。

1年目の保育士はすべて初めてのことばかりで時間に追われる生活に辛いと感じてしまうはず…。

今回は、保育士1年目で辞めたいと思った時にどうしたらいいのかお伝えしていきます。

 

今すぐ保育士を辞めたい理由と辛い悩み

保育士が抱えている悩みに多い5つの理由を集めてみました。

保育士を続けていると、これらの悩みは少なからずあることですので、現実を改めて見てみましょう。

 

【保育士を辞めたい理由1】人間関係に疲れた

保育士は人間関係が大変だと言われることが多いです。

その大きな理由として女性が多い職場だからでしょう。

今は少しずつ男性保育士も多くなってきていますが、それでも女性が大半を占めています。

そのため、男性保育士は女性ばかりの職場に居づらさを感じてしまい、女性保育士は先輩保育士などの輪にうまく入っていけないと人間関係に悩み疲れてしまうのです。

そんな日々が続くのは嫌になりますよね。

 

園長や先輩保育士のいじめがストレス

職場の保育士の中でも問題視されているのが「いじめ」です。

子どもに「いじめはだめだよ」と教えている立場の保育士がいじめをしているなんてありえないと思いますよね。

しかし、いじめが原因で辞めてしまう保育士は多いです。

先輩の保育士や園長先生から嫌なことを言われたり、いじめだと感じることがあれば無理せず退職を考えましょう。

 

【保育士を辞めたい理由2】仕事量が多く忙しい

保育士の仕事はとても多いです。

仕事量の多さは実習では理解しきれない所なので、就職してみて驚いた部分でもありますよね。

保育園は人手不足のところが多いので、1人1人の保育士の負担が大きくなってしまうのです。

仕事量の多さから主婦の方は家事・育児などの両立が大変になり、保育復帰をしない方も多いと言われています。

保育士は子供相手なのでしゃがむことも多く、腰痛持ちの保育士もとても多いです。体にまで不調が出るのは辛いですよね。

 

持ち帰りで体力が持たない

持ち帰りの仕事が多いのも保育士の特徴です。

しかし、保育中に子供とたくさん遊び、保護者対応もした後に体力はほとんど残っていません。

私は持ち帰りの仕事をしながらウトウトと眠ってしまうことも多かったです。

持ち帰りの仕事が多すぎると体力が持たず、辛く感じている保育士はたくさんいることでしょう。

 

【保育士を辞めたい理由3】保護者のクレーム

保育士の仕事の中で最も大変なのが保護者からのクレームです。

特に、多いクレームが怪我についてになります。子供が園庭で遊んでいたり、集団生活をしていたら擦り傷やかすり傷はつきものです。

いくら保育士が見ていたとしても防ぎようのない怪我もあります。その部分を理解してほしいですね。

 

保護者対応の失敗は辛い

保護者対応を失敗してしまうと、信頼関係を築くことが出来ないので、その後の保育がやりづらく感じてしまいます。

しかし、保育をしているうえで保護者と話さずに過ごすのは難しいです。

どうしても苦手な保護者がいて辛いようでしたら、他の保育園へ転職することを考えてもいいでしょう。

 

【保育士を辞めたい理由4】仕事できない・向いてない

保育士として働いてみて向いていないと感じる方や、仕事ができないことへのもどかしさを感じている方が多いです。

保育士という仕事は1年目でも担任になることもあり、責任の重さからストレスを感じることもあるでしょう。

そんな環境の中にいることで「自信がない…」「辛い…」と感じるようであれば無理する必要はありませんよ。

 

ピアノが弾けないのが辛い

保育士をしているとピアノが必須だと言われています。

そのため、ピアノが弾けないと辛く感じてしまうでしょう。

私自身もピアノを習ったことがないまま保育士として働いていたので、持ち帰りの仕事以外にもピアノの練習と毎日とても忙しく過ごしていました。

思うように動かない指にイライラしてしまい、ストレスが溜まってしまいますよね…。

 

【保育士を辞めたい理由5】給料が低い

持ち帰りの仕事が多いのいも関わらず、給料が低いことが保育士の大きなデメリットでもあります。

残業もあり、持ち帰りの仕事もあり給料も低い…。

この環境に納得いかなければ他の仕事に変えてみるのも1つの方法ですよ。

 

保育士辞めたい!年度途中に退職は可能

どうしても続けるのが辛くなってしまったら、年度途中でも退職することは出来ます。

ただ、保育園側も新しく保育士を見つけないといけないのでなるべく早めに園長先生に伝えるようにしましょう。
伝える時期は遅くても3カ月前がマナーになります。

仕事をしながら「3カ月後も続けられるのかな?」と考えてみて下さい。

もし3カ月後も働いている自信がないのであれば、今が退職の気持ちを伝える時期なのかもしれませんよ。

 

年度途中で退職しても、再就職できる

保育士の中途募集はどの地域でも多いです。

そのため、今の保育園を辞めてしまったとしても、再就職は出来るので心配はいりませんよ。

保育士の募集が多い理由として待機児童が多いことがあげられます。

最近では待機児童が減っていると言われていますが、それでもなくなっているわけではありません。

保育士という資格を持っている以上、再就職への不安はいらないでしょう。

 

無理しすぎると体調不良になる

保育園は年間を通して行事が多く、年度末に向けて段々と忙しくなっていきます。

普段の保育をこなしながら行事の仕事も増えてくると無理をしすぎて、体調不良になってしまうでしょう。

担任を持っている責任感や行事に追われる生活をしていることで、なかなか退職を考える時間はないかもしれません。

しかし、あまりにも辛くなってしまったら一度落ち着きましょう。

体力的にも精神的にも辛いようでしたら、それ以上は無理しないようにしてください。

辞めることは甘えには繋がりません。
体調を崩してまで保育士をしなくてもいいのです。

今まで十分に仕事を頑張ってきたのだから、自分を大切にしてあげましょう。

 

退職で迷惑がかかる?うつ病になるよ?

退職を考えた時に、気になるのは周りへの迷惑ですよね。

確かに、年度末まで仕事をしてからの退職なら大きな迷惑をかけることはありません。

しかし、そこまで頑張れる体力や精神力はありますか?

同僚や保護者に迷惑をかけないように頑張り続けてしまうとうつ病になってしまう可能性もあるのです。

仕事を頑張っていてもうつ病になってしまっては、頑張っていた意味がありませんよね。

また、うつ病を発症することで急にやめることになるので、そちらの方が迷惑をかけてしまうかもしれません。

事前に退職が分かっていれば、保育園も新しい保育士を探すことが出来るので、急にやめるよりも迷惑をかけることはなのです。

辛くなりすぎてしまう前に、退職の意思を伝えるなど環境を変えることをおすすめします。

周りの方への優しさも大切ですが、あなた自身が楽しく過ごす方法を優先する方が大切ですよ。

 

保育士を辞めたい!適切な時期は3月

途中採用が多い保育士ですが、やはり3月は求人はたくさん出ます。

いろんな保育園を見て新しい就職先を決めたいのであれば、もう少し仕事を頑張ってみましょう。

ただ、今の保育園で仕事を続けていく事が我慢の限界なのであれば、すぐに辞めるようにしましょう。

仕事を辞めたところで、すぐに就職しなくてもいいくらい貯金や環境が整っていれば、3月まで少し休む時期にするのもおすすめです。

きっと今の保育園でクタクタになるくらい仕事を頑張っていたのですから、退職をきっかけにゆっくり過ごす日々を楽しんでもいいのではないでしょうか?

ゆっくりすることで新しい保育園を探す意欲も出てくると思いますよ。

3月に求人は多く出ますが、だからといって3月まで無理に続ける必要はありません。今ある環境を冷静に考えてどうしたいか選択しましょう。

 

保育士辞めたい時の解決策はプロに相談

保育士を辞めたいと感じた時、なかなか自分では行動に移すことができませんよね。

そんな時はプロに相談するとスムーズに物事が進みますよ。

プロの方に相談することによって、あなたに合った保育園を探し出してくれるのです。

保育園に就職した経験があるからこそ、新しい職場へ求める条件は多くなります。

その条件を満たす保育園を自分で探すには限界があるので、プロへ相談することをおすすめします。

転職サイトには転職に関してのプロがたくさんいます。

そのため、登録すると最短で2週間ほどで決まることもあるのです。転職先を見つけてくれるだけではなく、面接などのいろんな不安なこともフォローしてくれます。

一人で転職先を見つけることへの不安があるようでしたら、転職サイト等のプロに相談するようにしましょう。

 

 保育士を辞めたいけど人手不足で言えない?

途中で退職してしまうと周りの方へ迷惑をかけてしまうと思いますよね。

きっとほとんどの保育園が保育士ギリギリの状態で保育をしているからです。

しかし、働いていて有給などでお休みをとる時がありますよね

?そのような時はあなた以外の保育士で進めることができているはず。

あなたが退職することによって少しは迷惑をかけてしまうかもしれませんが、本当に少しだけですよ。

あなたが体調面や精神面が辛いと思いながら保育士を続けるのであれば辞めても問題ありません。

良く考えてみると保育園で人手が足りているというところはほとんどありません。

私は聞いたこともないくらいです。どこの保育園も人手不足でもきちんと保育を行うことができています。

あなたが辛いと思うのであれば退職への一歩を踏み出してもいいのですよ。

 

辞めたいけど辞められない時の対策

退職の気持ちを勇気出して伝えたのに「今は辞められたら困る」などと辞めさせてくれないことがあります。

そんな時にほとんどの方は諦めて年度末まで働くのですが、実は法律で自由に辞められると定められているのです。

年度末まで働くだけの気持ちや体力が残っていないのであれば労基に相談してみましょう。

相談することで必ずあなたの役に立ってくれますよ。

本来なら2週間前に退職の旨を伝えていれば辞められるのです。

しかし、こんなに短い期間で辞められることを知らない方が多く、失礼だと感じてしまうことでしょう。

ですが、あなたはここまで精一杯に頑張りました。

堂々と辞めることを伝えても大丈夫なのです。どうしても退職を認めてもらえない場合は、職場に退職届を送りましょう。

贈る時は内容証明郵便で送ることがポイントとなります。普

段送るような封筒で退職届を出してしまうと、相手とのトラブルに発展してしまう可能性があるので、内容証明郵便で贈ることが大切です。

内容証明郵便は証拠が残るので、トラブルになりにくくスムーズに退職することができますよ。

 

【まとめ】新卒1年目で保育士を辞めたい時の解決策

保育士はプライベートの時間が少ないと言ってもいいほど大変な仕事の1つになります。

プライベートの時間がないということは、一日のほとんどが仕事のことを考えていることになるでしょう。

しかし、そのような生活を長い間過ごしていたら辛くなってしまいます。

毎日辛くて笑っていることが少ないと感じていたら、保育園を退職する選択をしましょう。

一歩を踏み出すのは怖いかもしれませんが、その一歩を踏み出すことが出来たらとても落ち着いた自分らしい生活を送ることができますよ。

無理をしすぎずに、辛いと感じたら退職することを考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です